検索エンジンを利用した集客法について紹介しているサイト

どの情報を選び取るか

参入障壁が無いことのデメリットもある

検索エンジン依存のネットを利用した集客方法にもいくつかの注意点は存在します。
検索者は向こうから欲しい情報を求めてたどり着いてくれるわけですが、そこで適切なタイミングでこちらの情報を見てもらえるかどうかは他の同業種や同じ情報との戦いとなります。

ビジネス利用であれ個人利用であれ、ネット上に何かの情報を公開するという行為はハードルが低く、誰でも比較的コストを掛けずに行えるため、見せ方によって情報操作やかく乱もできてしまうという危うさもあります。
正しい情報を誠実に欲しい人に届けるには、なるべく目につく場所に表示しなければなりませんし、情報の質や量も大切です。
企業のサイトが良くできた個人のサイトに負けることはネット上ではよく見られることです。

見つけてもらうには差別化が必要

情報が溢れている昨今のネットでは、1つの情報でも無数の検索結果が表示されその中からどれを選び取るかと言った状態です。
誤った情報や欲しくない情報を提供してしまうような事態を避けるためには内容を練って他サイトとの差別化を図ることが1つの重要なポイントです。

故意に誤情報でネット上の情報をかく乱する人だけではなく、無自覚に精査しない情報を流しているケースもとても多く、情報を受け取る側には見る目を養う必要がありますし、企業側は見せる方法や情報の内容についての工夫が絶えず必要です。

今後は、正しい情報を欲しい人へ届けられるような土台を作り、且つ時代の流れに沿って柔軟に変化できるような情報発信がより大切になっていくでしょう。


この記事をシェアする